小説は字がかけて、物事を考えられるなら誰でも書ける!!

皆様は小説を書いてみたいけど無理だ、と諦めたことはないですか?実際小説は紙とペンがあれば書けますよね。まず最初は落書き程度に思うことをそのまま書くことがオススメです。


ステップ1

まず、ふっと思い付いた題名を書いてみましょう。それに沿って物語を考えると簡単です。
【奈落のバラ】

という題でしたら、奈落の底という連想から、暗いお話と取れます。そこにバラ、ですから、暗い世界に華やかな物があると感じますよね。
すると一方的に物語はシリアスになります。
とりあえずタイトルを先に考えましょう。

参考↓
暗い+華やか 奈落のバラ暗い+暗い  底の先の沼地暗い+明るい 谷間の月夜
明るい+華やか 太陽の水仙明るい+明るい 夢芸子
など.....。

ステップ2

物語の最初をまず作りましょう。ここがポイント。
物語は最初は初めの方だけ考えよう。
書く前に何から何まできっちり決めてストーリーががっちり決めてしまうと、
飽きてしまいます! 
ので、良い案が出ても少し保留して、考えたところまでかいたら再度続きを考えましょう。



ステップ3


あとは自分次第ですね!文章の書き方は人によって違うし、正解はないので...。
是非素敵な創作ライフを送ってください!